オンテックスで行っている外壁塗装や工事には様々な種類があります

早めの補修工事

住宅はしっかり作られているものですが住んでいると経年劣化は避けられません。外壁に異常がある場合は、状況に合わせた補修工事を行ないましょう。また、補修工事の種類も把握しておくと役立ちます。トラブルが起きる前に気づいて対策していきましょう。

外壁改修工事の流れ

仮設の足場組みとメッシュシート張り

外壁改修を行う際、まずは足場を組んでいきます。この足場を組むことによって、地上から手が届かない部分も改修を行えるようにします。足場が組み終わると、建物周辺に塗料が飛んでしまわないようにメッシュシートで建物をカバーします。

高圧洗浄とビニール養生

塗装のノリをよくするため、高圧洗浄を行っていきます。汚れがまた剥離していく原因となるため、丁寧に汚れを落としてから施工していきます。洗浄後は、塗装を行うために塗料が付着してはいけない部分をビニールで覆っていきます。

下地と主材の塗装

主材を既存下地と吸着しやすくするため、下地を塗っていきます。下地が接着剤のような働きをしてくれるため、下地の上から取材を塗っていきます。

ビニールとメッシュシートの撤去

主材が乾燥したら、ビニールとメッシュシートを撤去します。撤去の際に剥がした跡などが建物に残ってしまうことがあるため、剥がした跡もこの時に修正していきます。

鉄部の塗装と後片付け

最後に鉄部の塗装を行い、乾燥したら最終確認となります。最終確認で問題がなければ足場を解体して撤去を行います。撤去が完了すると、施工完了となります。

【PR】
オンテックスで暮らしやすい住まいへ。
嬉しいキャンペーン充実!安心して利用できるサービス。外構デザインをもっとお洒落に!
相談から施工完了までの流れをチェック☆リフォームならオンテックスに頼もう
理想の空間をGET☆外壁のリフォームを任せる
追加料金一切不要!エスコシステムズが提供してる事業を解説!
有益な情報が満載♪

建物の外観を保つ

笑顔の作業員
外壁改修とは何か 経年により劣化してしまった建物を、新築時のような外見に取り戻していく事です。日本は多雨多湿のため、他の国よりも建物の劣化が早いといわれています。
外壁改修の種類 モルタル外壁などによくあるヒビ割れの修繕も、外壁改修のうちの一つです。外壁の改修には色々な種類があり、それぞれ建物の外観を整えるために活用されています。
目地割れ補修 建物のつなぎ目にあるシーリング材は、劣化していくと割れ目が入ってきてしまいます。割れ目が浸水の原因となってしまうこともあり、放っておいてしまうと建物構造材の腐食原因となるので、目地割れ補修によるシーリング材の補修が必要です。
美観の補修 大気中の汚染物や、劣化による錆などで見栄えが悪くなってしまったところを修繕していくのが美観の補修です。オンテックスでは修繕するだけではなく、再発が起き辛いように改修を行っていきます。
剥離の補修 経年劣化などで外壁から塗装が落ちてしまうことがあります。防水塗装などが剥げてしまうと浸水の原因となってしまうため、剥離の補修によって再度塗装処理を行っていく必要があります。

様々な外装工事

笑顔の作業員

外装タイル工事

傷や汚れがつき辛く、経年劣化にも強い外装タイルですが、やはり定期的なメンテナンスは必要です。メンテナンスを怠ってしまうと、タイルが剥がれて思わぬ事故に繋がる危険性などもあります。

READ MORE
家

屋根の改修工事

自身でのメンテナンスがし辛いということから、どうしても屋根の点検は怠りがちになってしまいます。そういった際は、オンテックスなどの業者に依頼して屋根の改修工事をしてもらいましょう。

READ MORE
女の人

アスファルト遮熱塗装

駐車場がアスファルトで屋根もない場合、夏場の熱気に困っている人も少なくないでしょう。オンテックスのアスファルト遮熱塗装なら、アスファルトが熱を持つのを軽減することができます。

READ MORE
女性

防水改修工事

屋根や屋上は雨風に晒されて痛みも激しくなってしまいます。傾斜のない平坦な屋上の防水改修には、防水改修工事の塗膜防水が最適です。

READ MORE
広告募集中