防水改修工事の種類と流れを紹介しています

補修に使われる防水処理には種類がある

オンテックスの防水補修には複数種類があって、アスファルト防水やウレタン防水、FRP防水など様々な防水保証があります。環境によって補修剤を使い分けていきます。

一般的な防水改修工事の流れ

防水処理の準備

オンテックスではまず防水塗装を行う前に、錆や塗膜などを丁寧に剥がしていきます。その後に清掃をすることで、きれいな状態にして塗装のノリを良くしていきます。

下地の塗装

既存の下地に防水塗装が密着することができるよう、下地を塗っていきます。下地を塗ってから防水処理を施していくことで、よりしっかりとした防水改修ができます。

防水材の塗装

水の侵入を防ぐため、防水材で塗膜に厚みをつけていきます。塗膜に厚みをつけることで、大雨による浸水や雨漏りを防ぐことができます。

主材の下塗り

赤外線などを反射する塗料を下塗りしていきます。1週下塗りをした後に、乾いてからもう1週上塗ることでよりしっかりとした塗装になります。

主材の上塗り

塗り漏れの防止とより効果を高めるため、主材を下塗りしたところに再度塗っていきます。主材が乾燥したら、片付けと清掃を行って施工完了となります。

防水改修工事

住宅
雨水の侵入を防ぐ工事 防水改修工事はコンクリートの平坦な屋上を、瓦などの屋根材の代わりに浸水を防いでくれます。屋上は屋内を雨風から凌ぐため、どうしても劣化が激しくなってしまいがちです。
計画的な防水処理を 雨漏りなどの被害が特にない状態でも、経年劣化で不意に雨漏りが始まってしまうということはありえます。急な出費とならないよう、定期的に様子をチェックしながら早めの防水処理を行うようにしましょう。
防水方法の種類 防水処理の方法は大きく分けて3つあり、塗膜防水やシート防水、アスファルト防水があります。一般家庭などでは、よく塗膜防水が利用されています。

防水改修工事についての質問

修繕工事と改修工事の違いとは

修繕工事は劣化した建築物を実用段階にまで修復するための工事の事をいい、修繕と当時に改良を行う工事のことを改修工事といいます。

リフォームとの違いはなにか

改修工事は修繕と改良を行うことを指しますが、リフォームのように配置を変えたり間取りを変えたりということは行いません。修復を行いながら、ダメになっている部分を取替えるものが改修工事になります。

防水工事の目的は何か

多くの建物にはコンクリートが使われていますが、このコンクリートは年月の経過とともに劣化してひび割れが生じてしまいます。ひび割れが起きたままだと、雨などによってひび割れから雨漏りを起こしてしまいますので、それを防止するために工事を行います。

防水層の耐用年数とは何か

防水層が防水機能を有している耐用期間の事を指します。防水処理を行ってから、防水層が経年劣化して防水機能を失うまでの期間の事です。

防水層の耐用年数はどのくらいか

環境によって経年劣化には差が出てくるため、一概に耐用年数がどのくらいかという判断は難しいものとなります。一般的には保証年数の2倍から3倍といわれています。

様々な外装工事

笑顔の作業員

外装タイル工事

傷や汚れがつき辛く、経年劣化にも強い外装タイルですが、やはり定期的なメンテナンスは必要です。メンテナンスを怠ってしまうと、タイルが剥がれて思わぬ事故に繋がる危険性などもあります。

READ MORE
家

屋根の改修工事

自身でのメンテナンスがし辛いということから、どうしても屋根の点検は怠りがちになってしまいます。そういった際は、オンテックスなどの業者に依頼して屋根の改修工事をしてもらいましょう。

READ MORE
女の人

アスファルト遮熱塗装

駐車場がアスファルトで屋根もない場合、夏場の熱気に困っている人も少なくないでしょう。オンテックスのアスファルト遮熱塗装なら、アスファルトが熱を持つのを軽減することができます。

READ MORE
女性

防水改修工事

屋根や屋上は雨風に晒されて痛みも激しくなってしまいます。傾斜のない平坦な屋上の防水改修には、防水改修工事の塗膜防水が最適です。

READ MORE
広告募集中