タイルはメンテナンスを怠ると思わぬトラブルになる事があります

劣化が気づきにくいタイル

タイルは汚れや傷がつきにくいことから、劣化が分かり辛い時も少なくはありません。劣化にいち早く気がつけるよう、度々気にかけるようにしておきましょう。

外装タイル工事

家

外壁タイルはメンテナンスが必要

汚れや傷がつきにくく、経年劣化にも強いことが魅力である外壁タイルですが、それでもメンテナンスが不要ということではありません。年月がたてば汚れやカビなどもつきます。定期的にオンテックスなどの業者に依頼してメンテナンスをすることが大切です。

外装タイルの交換

オンテックスで行われる外装タイル工事では、まず浮いているタイルを検査して樹脂を注入することから始まります。同時に、重度に劣化したタイルは交換していきます。

タイルの洗浄と塗替え

タイルの接着を安定させたら、高圧洗浄機や薬品を用いてタイルを洗浄していきます。オンテックスでは洗浄後に塗装を上塗りしていくことで、外装タイルを建築当時のような外観にしていきます。

外装タイル工事の疑問

タイルは劣化するのか

タイルは目地部分がモルタルであるため、年数が経過することによってモルタルが伸縮してしまうことで内部に水分が侵入して劣化します。

タイルは劣化したらどうなるのか

劣化をすることによってタイル表面に凹凸ができていき、タイルが割れたり剥がれてしまいます。そのため、タイルもオンテックスのような室外工事を行っている業者にて定期的なメンテナンスが必要です。

劣化はどうすれば判断できるか

専用の機器で1枚1枚音を叩きながら音を判断していきます。正常なタイルは音がコンコン鳴りますが、悪い状態のタイルだとコンコンという音が鳴ります。

メンテナンスを怠るとどうなるか

メンテナンスを怠ってしまうことにより、外壁のタイルが剥がれて落ちてしまうことがあります。落ちたタイルが通行人に怪我をさせてしまうというリスクがあるため、メンテナンスは重要です。

メンテナンスが必要になる期間はどのくらいか

数年から10年ほどの感覚で、業者に依頼してメンテナンスを行うようにしましょう。定期的に目視で劣化の具合などをチェックしておくようにするといいでしょう。

様々な外装工事

笑顔の作業員

外装タイル工事

傷や汚れがつき辛く、経年劣化にも強い外装タイルですが、やはり定期的なメンテナンスは必要です。メンテナンスを怠ってしまうと、タイルが剥がれて思わぬ事故に繋がる危険性などもあります。

READ MORE
家

屋根の改修工事

自身でのメンテナンスがし辛いということから、どうしても屋根の点検は怠りがちになってしまいます。そういった際は、オンテックスなどの業者に依頼して屋根の改修工事をしてもらいましょう。

READ MORE
女の人

アスファルト遮熱塗装

駐車場がアスファルトで屋根もない場合、夏場の熱気に困っている人も少なくないでしょう。オンテックスのアスファルト遮熱塗装なら、アスファルトが熱を持つのを軽減することができます。

READ MORE
女性

防水改修工事

屋根や屋上は雨風に晒されて痛みも激しくなってしまいます。傾斜のない平坦な屋上の防水改修には、防水改修工事の塗膜防水が最適です。

READ MORE
広告募集中